FC2ブログ

夕餉の時…光と影





晴れの空

午下がりの代々木方面

代々木方面










RIMG0313_20151109003855b49.jpg




光と影









早い夕方代々木方面















夕暮れ時…

あなたを想う夕暮れ




夕餉の時










代々木方面夕景の空

夕暮れの夕餉の時は温かい匂いがして
残酷だ



天ぷらは天國だよと直属上司の常務が
入社してそれ程経ってない私に教えてくれた。
ヘェ〜そうなのかと脳内にしっかり入った。
それから年月が経ったある日
事件が起きた
そこの領収書が元の家族の財布に入っていた
二人分…?
誰と?

日付は…
仕事で地方に行った筈の日で、それが印象的な日だった
たまにはついて行こうかなと言ってみたら
そこは何もない町で泊まる所も少ないんだよと言うので諦めた。

そのエピソードを話したママ友から
そこは観光地だと言われた。
よく時代劇に登場する人物で有名な土地だった。
でもなんで?
おかしいねとは言ったもののそんなことなどすっかり忘れていた

その日銀座にいて、天國で食べていたということだ…
しかも宿泊して翌日帰ってる。
そう言えば仕事でよく銀座に行ってた頃に天國の前を通ると
上司の言葉を思い出してその話をして
一度ここで食べたいと2〜3回繰返して話していた。

お二人分さまの領収書

ちょうどその頃無言電話がつづいて恐怖を感じていた。
それで電話に出る時は名乗らないようになっていた。
ある日、意を決したんでしょうね
女性の声がした。
「○○さんいますか?」と
その時間は元家族はいない時間
ピンと来た
同じ時間帯
この人が無言電話の主だ。
夕食が終わった頃の時間帯…
「もうとっくに夫婦関係は壊れているんでしょ」と言われた。

天國という店名の文字を目にして
そのことを思い出した。
思いがけないとき思いがけない言葉や風景や
ちょっとしたきっかけで思い出すことがある
いい加減終わりにしたいのだが
離婚の時に、浮気を否定し、嘘を並べられたら
何十年分の生活を振り返りあったことを正しく伝えなければならない。
その為に新しい記憶として入り直したような感じ
それに今頃になって謎解きのようにハッと分かることもある
面白くない謎解きだが分かった方が良い面もある。
カウンセリング学的に分析して
自分が自分を知る事にもつながるから無駄ではない。

(少々文章に手を入れて削除した部分があります。すみません)



励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314



関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

☆バーソ☆  

「天國」の文字を目にして煉獄を思い出したような話ですね。
「もうとっくに夫婦関係は壊れているんでしょ」とは、
そういうふうに聞いているのでしょうが、酷いことを言いますね。

男女って、性格志向がまるで合わないことってありますね。
相手に思いやりがないとか気がきかないとか波長が合わないと、
思っていると、心のズレが大きくなってうまくいきません。

carmencさんは相当モテたようですから、問題のある人ではない。
浮気を続ける相手のほうに問題があった。そう思えます。
そういう男っていますよ。その相手も大変でしょう。続きません。

「夕暮れの夕餉の時」は、私は子供の頃を思い出します。
もう家に帰らなければという気持ちになります。
家が温かかったとか優しかったからではなく、その頃は
子供は夕方以降は外に出たらいけないことになっていたからです。

2015/11/09 (Mon) 07:58 | EDIT | REPLY |   

CHIBI  

銀座には8丁目の角に天國があって、それをガードをくぐってもう少し新橋よりに
行くと「はし善」というもう一軒の天麩羅屋があった。ここは知り合いの上さんの
店だったので、何度かご馳走になった。月に一度は天國に行きたいなんて人も
いたかニャ〜。今は当時よりもっとホテルが増えたね。8丁目、高速道路に沿って
縦の通り〜山手線反対側に向けて知ってるだけでも6軒。今はもっと多いかニャ?
中国人の団体観光客が毎日バスで爆買にくるけど、バスが最近よく止まってる。
銀座も随分変わったね〜。

2015/11/09 (Mon) 10:48 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

☆バーソ☆さん
> 「天國」の文字を目にして煉獄を思い出したような話ですね。
アハハ… そうですね〜 
行きたかったお店だけなら良かったんですけどね。

> 男女って、性格志向がまるで合わないことってありますね。
> 相手に思いやりがないとか気がきかないとか波長が合わないと、
> 思っていると、心のズレが大きくなってうまくいきません。
初めは気に入って欲しいのか波長が合ってるようにも…
ま、普通ではあり得ないことを平気で言ったり
私にはかなり残酷なことが出来る人で
そのワリには平気で甘えて私のサポートを必要としてましたね。
その家族を含めて理解不能なキャラでした。
>
> 「夕暮れの夕餉の時」は、私は子供の頃を思い出します。
> もう家に帰らなければという気持ちになります。
> 家が温かかったとか優しかったからではなく、その頃は
> 子供は夕方以降は外に出たらいけないことになっていたからです。
そうですね。
子供の頃はそういう時間でしたね。
今でも夕方までには帰りたいと思っちゃいますね。

2015/11/09 (Mon) 15:05 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

CHIBIさん
8丁目と言うとヤマハ、資生堂、資生堂パーラー思い出のレストランで、
それと青柳ビルの4Fの銀座JUNKも時々入ってて、後に友達になったゲンさんの店。
新橋に勤めたときはそこから銀座に出たものです。
銀巴里は7丁目ぐらいになるのかしら。
ホテルは第一ホテル、
ここはクリーニングを受け付けていて朝持って行くと勤務後の時間には受け取れて便利で、
時々出してました。
ホテル増えたんですか?
変わってるでしょうね。
とん通とかまだあるのかなあ?とん通とキャンドルは同級生と行く定番コースでした。
最後に行ったのは伊東屋が目的で六本木から移動して伊東屋だけで電車で帰りました。
天ぷらは揚げたてをカウンターで食べるのが最高ですね。

2015/11/09 (Mon) 16:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply