fc2ブログ

痛み…傷跡* Feel Like Makin' Love - Mariena Shaw




日に日に辛くなっている
昨日退院後2回目の診察
水がたまってるのを抜いた
管を抜いた所に入れてるのだろうけど
大きな太い注射みたいなのを身体に刺して抜く
前より減ってるので大丈夫らしい
減ってるねと早口で医者が言う
なにが大丈夫なのか、ホンマかいな
その水がたまってるせいでなのか、違和感はいつもあって
何かするたびに引きつってる感じで痛みがある
傷口はまだじゅくじゅくしてるらしい
いつになったら乾くの
それに縫い目が… 見たけど、下手なんじゃないの?
恐ろしい
交通事故の怪我の傷口に性的興奮する女性と出会ってしまう
2人は交通事故を繰り返すという映画を見たことがある
出会う男性がジェームズ・スペイダーなので見たのだけど
その映画「クラッシュ」を思い出した
そんな傷跡
これで興奮する人がいるのだろうか
膨らみがない胸の傷跡に興奮する人がいるだろうか
そんな人がいるならお目にかかりたい
そしてめくるめく一夜を過ごすことになるなら
それならそれでいいのかもしれない


そんな中、期日前投票に行った

木立時計


IMG_5470-1.jpg



今日二度目の洗濯をした
この前は病院に持って行ったタオルケットという大物があったけど
今日はこの前洗い忘れたものとここ数日着ていたものとかタオルとか布巾など
日が落ちる前に取り込んだのだが取り込む時右手を伸ばすとやはり痛みが走る
前に洗ったタオルケットが未だに目の前にある
それを収納するのがタンスの上にあるのだ
シーズンオフのをロフトに置いていて不便なのでロフトからおろしたのだが
衣類はタンスの中に収まったが寝具類はベッドの下とタンスの上に置いている
その上のには毛布と冬用のベッドパットが入っていてタオルケットと入れ替えするのだが
そのタンスの上のがおろせないのでタオルケットが出っぱなしでパーソナルチェアに置きっぱなし
どうしたらいいかと考えてるうちに暗い気持になっていつの間にか寝落ちしてる

毎日が何も進まないで時だけが過ぎて日が変わる
何の為に生きてるのだろう
私が生きていることが嬉しいとか幸せだとかなんて人はいないというのがホントのこと
いなくなったら心配しなくて良くて雲が消えて晴れたみたいに気が軽くなるだろう人はいるだろうけど
ころっといけばいいのに

今日は少しあったかいねと言っても何も返る声もなく
手術を繰り返して帰って来て何やってんだ、私、



秋の夜に
色っぽいギターでキュンキュンしましょ

335 in ビルボード

この335はDavid T.のです

Marlena-Shaw-50.png

2013年7月22日 ビルボード東京で
一番前の席で見ました


Feel Like Makin' Love - Mariena Shaw



https://www.youtube.com/watch?v=RK326HjaNTA

大好きな曲
このアルバムは衝撃的でした
何回聞いた事か
今もまだウットリ、そしてキュン〜興奮します
どんなに年月を経ても色あせない、
これは名盤ですね

album "Who Is This Bitch, Anyway?



Marlena Shaw (vo)
David T. Walker(gt)
Chuck Rainey(b)
Larry Nash(key)
Harvey Mason(ds)


その日知り合ったギターをやってる青年

blog_import_5cd9ebac7ef7f.jpg

青年の手には
この時もらったDavid T.のピックが!!

blog_import_5cd9ebab08db5.jpg

私ももらいたかったなあ
演奏中何度かアイコンタクトしてたハービーメイソンはサッとステージからいなくなったけど
ほかのメンバーは握手してくれました
もちろんマリーナもね


この日のチケットは娘からのバースデイプレゼントで
素晴らしい名演奏と美味しいディナー
一生忘れない
娘と楽しんだこの日のことを




carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら - にほんブログ村





ブログ村に参加しています
よろしければぜひクリックしてね
励みになります

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


こちらも良かったらご覧ください
carmencのライオンズに恋をした
https://leosarah519.blog.fc2.com/




関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

ギターマジシャン  

愛のためいき

自分はリー・リトナーがダイレクトカッティングのアルバムで聴いたのが最初で、遡る形で、ロバート・フラックやマリーナ・ショウを聴きました。

どれも素晴らしいのですが、やはりマリーナ・ショウのが、デヴィッド・T・ウォーカーとラリー・カールトンのバッキングが光っていて良いですね。

一時期のニューミュージックは、こんなリズムギターが多くて、このアルバムの影響はプロミュージシャンへも大きかったのでしょうね。

マリーナ・ショウのバックにデヴィッドらレコーディングメンバーが集って、しかも日本で演奏してくれた奇跡のようなステージをご覧になっていたのは、すごいことですよ。

carmencさんの傷口のこと、祖母が膝に水が溜まっては、抜いてもらうのがすごく痛いと嘆いていたり、子宮筋腫の手術をした母が、傷口の痛みがひどくて家事ができず、しばらく温泉で湯治療養していたりと、身近に辛そうにしていた人を見ているので、遠くから、どうぞご自愛くださいとしかいえまんせんが、痛みがいつまでも続くようでしたら、ペインクリニックも考えられた方が良いかもしれません。

2021/10/28 (Thu) 19:24 | EDIT | REPLY |   

home in my shoes  

あぁ、このアルバム大好きです。
ギター友達がデビットTの参加ってことで教えてくれたアルバムですが、マリーナ・ショウの絶世の歌声。ジャケットも素敵です。生(しかも最前列)でご覧になったとは、素晴らしい素晴らしいひとときでしたね(*´ω`*)。

早く体調が良くなりますように・・・・。

2021/10/28 (Thu) 20:49 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: 愛のためいき

ギターマジシャンさん、
私も順番としては同じだったような
David T.にはすっかりやられましたね
リトナーはベンソンと同時期でカールトンもですね、あ、ラリーコリエルもですね
同時にディ・メオラが加わって、それとスタッフの流れ
エリックゲイルが好きになって、しかしコーネルデュプリのウマさに改めて気づいたのは10年ほど前でしたが、
ベンソン以外は当時、ほぼ全員を生で見てます
あ、JOHN McLAUGHLINもいました
その後、多分吉祥寺のサムタイムだったと思いますが
ロバータのkilling me softly…が流れて聞いたときは衝撃でした
カッコいいこの曲はロバータのウマさ、美しい声は世界を席巻しましたね
新しいR&B、新しいポップスの出現という感じでしたね
その後にたしかベースがこれを聞いてみてとマリーナのこのアルバムを貸してくれて、
初っぱなから更に大きな衝撃で、即、このアルバムを買いました
どれだけ聞いたか分かりません
覚えたい歌いたいという思いもあって、それで宏隆と万作とのバンドで歌いました
今思い出すと恥ずかしい出来で穴があったら入りたいくらいですが^^

ビルボード東京のこの夜は最高でした
まだ若い時に、若い才能のドラマーとしてハービー・メイソンを見たことがあって
そのハービー・メイソンが目の前にいて、私に目配せしながらドラムを叩いているなんて、
David T.はを初めて見たのはCrusadersだと思いますが、まさにあのDavid T.も目の前にいて、
チャック・レイニーもいて、マリーナショウまでも目の前にいるんです
あの例の会話もやってくれて目の前でアルバムの世界を繰り広げてくれて
そのうえジャズナンバーはジャジーでブルージーでノリノリで
もう信じられない世界でした

病気の事も色々考えてくださりありがとうございます
痛くて眠れないという程痛くはなく、痛み止めもたまに飲むと言った具合で
ただ、日常のちょっとした事が意外に出来なかったり、またキツくて、
それがしんどいんですね
つい、ここで呟いてしまいました
ありがとう♪

2021/10/29 (Fri) 02:49 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

home in my shoes さん

いいアルバムですよね

絶声と言うとロバータ・フラックの方と思っていますが

マリーナ・ショウは実力があるウマいシンガーで、LIVEはとてもご機嫌です

最前列かぶり付きでした
♪

中々思うようになりませんが、少しずつ回復なんでしょうね

ありがとうございます

2021/10/29 (Fri) 09:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply