FC2ブログ

駅は何処?  なんだか怖い白昼夢… 










怖い夢を見た
泣き声なのか助けを求める声なのか
自分の叫ぶ声で目が覚めた。
と言うより怖くてたまらなくなって叫んでると
もしや、これは夢ではないかと思う。
思いきって起きようと必死に叫んだと言う感じで目覚める
午後4時過ぎの事。

怖いって言っても
道に迷っただけ
駅が分からない
そんなに離れてる訳でも無さそうなのに
誰に聞いても分からない
タクシーも来ない
バッグが肩から下がってない
ポケットをまさぐったら携帯が無い
右のポケットに700円ほど入っていた。

さっき会ってた娘がいる筈の駅の向こう側の喫茶店のようなよく分かんないお店に
行きたいのです。
どれくらい経ったのだろう。
もう夕方が近付いて焦ってるようだ。暗くなったらアウトだという恐怖感もあり…
娘も帰っちゃうだろう、もういないかも…
そこにバッグを置いて出たのか…

何故かよく分からないが
そのお店には元家族がいた。
話もしなかったし無関係のような感じではあった。
それも恐怖の一因のようだ。
もう一つおかしいのがレポーターの井上公三さんがいて
会う用事があった事だ
なんだか分からないが井上さんに話さなければと行ったような…
井上さんもその事を既に承知のようだった。
TVで見てるだけの人で、どうしてその人なのか皆目分からず、
さすが夢の世界。
そこを離れて何をしてたかと言えば、デパートに1.5ℓのお水を1本置いて
また違うデパートへ行き同じ事をし終えて出た所から道に迷った。
ちょっとのつもりだった。どうも防災上やる必要があったのだと思う。
そのデパートが初めは日本橋高島屋で、2軒目は聖蹟桜ヶ丘のアートマンで、
その二つが歩いて行ける距離なのもおかしい。
駅への道を聞いても誰も明確に言えない。
歩いても歩いても人が少なくなるばかりで急な坂道が目の前に出てきたり、
方向を変えると閑散としていて、そこは運動場がある郊外の広い公園のような
タクシーを待ってても来そうもないのに
小学生位の少年たちもタクシーを拾いに来て、この子たちを先に行かせるべきだと
思って諦めて歩きはじめる。
もう娘に連絡が取れない
もう会えない
あ~~~~~~
いやだ~~~
助けて~~~
ウワ~~~




千葉の駅が目的だった
友人がそこの先に住んではいるが
千葉駅には行ったことが無い。
もう一人昔の片思い相手がいる。いや、片思いだと思っていたが、そうではなかったと5年前に打ち明けられて驚いたのだが、だからと言って過去の話で、それも関係ないだろう。
とにかく
千葉駅を探してる恐怖の夢でした。

白昼夢って事?


不思議な夢を見てしまい、とにかく気味悪くて怖かった。
若い時ならオモシロいねと笑って終る。
誰かに電話して笑いたかったが、こんな時間にそんな事で電話出来る相手もいない。
昼前にちょっと胸が痛くなった。
だからかなあ。
もう、一人は嫌だ。
つくづく思う…





励みになります
よかったらクリックしてね

https://baseball.blogmura.com/lions


こちらFC2のブログも良かったらご覧下さい。

http://saramartin.blog.fc2.com/




関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply