FC2ブログ

あ〜 緑の風よ 木洩れ日よ 花たちよ







つづく道

RIMG4782_20140711013914c6b.jpg







RIMG4780_20140711013916761.jpg






RIMG4231_2014071101391609c.jpg







少し行くと雑草だけのスペースが

RIMG4222.jpg







RIMG4224.jpg






嬉しい〜



RIMG4223_2014071101404693f.jpg







オキザリスも


RIMG4197.jpg




楽しい散歩道





アガパンサスが

RIMG4811.jpg










RIMG4813.jpg








RIMG4815.jpg










RIMG4814.jpg


たとえ悲しい事が続いて
涙が溢れ出て乾ききったとしても

ふと
立ち止まると
小さな喜びに
出会えることがある

あ〜
緑の風よ
木洩れ日よ
花たちよ

この深い愁いさえ
忘れさせてくれる

幸せを
胸いっぱいに受け止めて

風が通り過ぎるまでの

心躍る瞬間!







前記の記事で投げかけた質問に
答えて下さったブロ友さんの優しさと聡明さに感謝します。

おかげさまで長年の疑問が解決しました。
エクトール・マロー作 二宮フサ訳
「家なき娘」でした。
家なき娘

翻訳の二宮フサさんという方が直接ではありませんが
娘に少々ご縁のある関係と分かり、
それにも偶然性を感じて驚いております。
おぼろさん、サンタナさん、ありがとうございました。

















日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

こちらyahooブログです。よろしければご覧下さい

http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html





関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:6
  • Trackback:0

Comments 6

There are no comments yet.

サンタナ  

carmencさん1~こんばんは
緑の中にアガバンサス清楚の感じで目に沁みます。緑の空間が素晴らしいですね。
素敵な詩ですねハイネの詩を思い出します。
家なき娘が愛読書との事もしかした少女時代に薄幸な人生ではと
想像しました。間違っていたらごめんなさい。
ペリーヌ物語のアニメで最後のラストシーンで祖父と抱き合いお前は私の孫娘だ言って
抱きしめるシーンを記憶をたどり思い出して良かったです。随分以前に見ました。
御嬢さんが翻訳の方と縁があってよかったですね。人間どこかで繋がっているのかも
しれませんね。運命に乾杯です(^_^)/

2014/07/12 (Sat) 00:13 | EDIT | REPLY |   

おぼろ  

おはようございます。
美しい花はどこに咲いていても美しいです。
一生懸命生きている人は
どこにいても素晴らしい。

どこで生きるか、どこに咲くかではなくて
どう生きるか、どう咲くか…が肝心。

道端に咲く小さな花を
美しいと言ってくれる人がいる限り
誰かが自分を見ていてくれる限り
何も思い悩むことはない。

涙が枯れるほど泣いても
ほんの小さな出来事が嬉しい時もある。

生きるってそんなものですよね~
私も小さな喜びに出会うために
生きてます!!

最近嬉しいこと…
ベランダ菜園の茄子実を付けたこと
ゴーヤをほしいという方がいらして
大きくなったのも収穫しておすそ分けできたこと

こうして何でも話せる人がいるということ。

2014/07/12 (Sat) 10:55 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: Re: タイトルなし

> サンタナさん、
> 愛読書ではないですが、初めて感動した本かも知れません。
> 小学生の時に初めて読んで、中学になって、また読んで、高校時代に読んでみたら号泣しました。
> ふと思い出すんですよね。狩猟小屋に住むようになって、
> 食器やお鍋や靴や洋服までも工夫して作るところと、その周りの環境にワクワクして、
作品中、一番好きなところです。
> アニメの「ペリーヌ物語」はあまり見てなかったのでしょうね。
> 記憶が無いです。
>
> エエ?薄幸?アハハ…
> 何を指して薄幸と言うのか、考えてみましたが
> 両親の嫌な所もありましたが、家庭は薄幸と言えるものではなかったと思います。
> 後年分かったのですが、同級生たちにはむしろ羨ましがられていたようです。
> ま、傍目にはそんな感じでも、中身は少々問題ありって感じですね。
少女時代を簡単に表現すれば「夢見る少女」かな?
>
> 改めて愛読書なるものは何か考えてみましたが
> 子供の頃のは何かよく分からないですね。
> 毎月配達されて読んでいた漫画本でしょうか
> 何を読んできたのか振り返ってみました。
> その内、その辺の事をなぞってみようかとも思っていますが…

2014/07/12 (Sat) 11:40 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

おぼろさん、
そうですね!
どう生きるか、どう咲くか… ですね☆

> ほんの小さな出来事が嬉しい時もある。
生きていると思わぬ方向に進む事もあり
色んな事が起こりますが
そんな日常で出会う小さな喜びが
慰めになりエネルギーにも代えられる
そこですね。

>「 最近嬉しいこと…
> ベランダ菜園の茄子実を付けたこと
> ゴーヤをほしいという方がいらして
> 大きくなったのも収穫しておすそ分けできたこと」
素敵!
ご近所なら私もおねだりしますよ♪

> こうして何でも話せる人がいるということ。
ありがとう〜
同じくそう感じています。
素敵なおぼろさんに出会えて感謝です。
人生捨てたもんじゃないね!

2014/07/12 (Sat) 11:49 | EDIT | REPLY |   

サンタナ  

carmencさん~こんにちは
私のコメントで不愉快な思いをされたのでは反省しています。
深い意味はありませんでした。お許しください。

外は雨が降っています。ヤフーブログのウエス・モンゴメリのFull.Houseを聴いています。
久しぶりに聴きましたが流石ですね、言葉では表現できませんが
心にビンビンと響いて最高です。ありがとございます。感謝です(^_^)/

2014/07/12 (Sat) 17:43 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: Re: タイトルなし

> サンタナさん、
> どう言って良いやら
> ここでプライベートな事をそんなに詳しく書く訳に行きませんよね。
> 薄幸と言う意味を考えて、振り返りました。
> 多分生まれて育った家は恵まれた環境とも言えますが
> 後半は嫌と言う程家族の冷たさと出会ってます。
>
> ウエスいいですね。
> 私にとって深く関わった曲でもあり、
> 複雑な思いも重なって来ますね。

2014/07/12 (Sat) 23:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply