FC2ブログ

新年の幕開けはロリンズで*To a wild rose - Sonny Rollins




新年おめでとうございます



P2231917.jpg
工房 mymy 羽田龍司さんの作品 


2019年
国民いじめの政治におさらばして
成熟した新しい国へとチェンジする
日本の夜明けとなりますように



やっと年賀状できました
年賀はがきキットのインストールを諦めて他のやり方を模索してましたが
プレビューを利用して写真全面ならできるんじゃないかと
はっと気づきました


季節感が違うけど

P1010610.jpg

こんな感じ

朝まで生を見ながら試行錯誤
なんとか仕上げてプリントしました


下の方に住所とか白い色で入れて

P1010628.jpg

字が下手になってました



私をジャズにはまらせた
私の最も愛する人
豪快なロリンズのセンシティブなところ満載のやさしさ溢れる音を
ロリンズ節はモチあります
この頃、「to a wild roseさえ息苦しい」という詩を書いています
今読み返すと恥ずかしいレベルですが

1896年にEdward MacDowellが作曲したアイルランド民謡を取り入れた曲「野ばらに寄せて」

To a wild rose - Sonny Rollins



https://www.youtube.com/watch?v=kjtlH_oQwaU

album "THE CUTTING EDGE" Recorded on July 6, 1974 Montreux Jazz Festival

Sonny Rollins : tenor saxophone
Rufus Harley : bagpipes
Stanley Cowell :piano
Yoshiaki Masuo : guitar
Bob Cranshaw : bass
David Lee : drums
Mtume : congas, percussion



このアルバムのツアーの時に初めて生ロリンズを聴けて
おまけに絶対会うと決めていた通りになり
なんとロリンズにお会いできました
シルクの帯揚げをスカーフにしたらロリちゃんに似合うんじゃないかと
銀座の和装屋さんで見つけた萌黄色の帯揚げをプレゼントに
ロリちゃん、首に巻きつけて喜んでくれました
ほっぺにキスされちゃったのでお返しのキスを
居合わせた阿部克自さんが写真を撮ろうって言ってくれて
写真撮影も!!
そして3日間通うことになりました
2回目からタダで入れて連日3枚のアルバムにサインをしていただけて
一生忘れない
あの時のロリちゃんの喜ぶお顔
あの瞬間

今思えば青春時代は良かったのか疑問
ワシャワシャするだけで流されていたようにも思う
甘酸っぱいような夢みる乙女?
未来は開かれているという根拠のないお気楽な展望
甘かった
確かに若い女性が東京に出てきて
親の援助なしで生きていくということは
生きるだけで精一杯で
キャリアのステップアップすることなど難しい
病気にもなるし職場でパワハラ受けていられなくなることだってある
アクシデントに路頭に迷うことになる
情報も今と比べたら雲泥の差、
親が思うように順風満帆とはいかない
実家通いの人たちとは明らかな差があった

だが
しかし
青春は薄い記憶の遥か遠く彼方へと

責任は自分にある


励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければ「ライオンズに恋をした」をご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314


関連記事
スポンサーサイト



  • Comment:8
  • Trackback:0

Comments 8

There are no comments yet.

つかりこ  

あけまして

あけしておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ソニー・ロリンズと仲良ししただなんて!
すごいですねー。

2019/01/01 (Tue) 23:30 | EDIT | REPLY |   

CHIBI  

新年おめでとう〜。
写真も良いし、文字や数字も綺麗だニャ〜。
青春の想い出、、良いことも悪い事も、誇らしい事も恥ずかしい事も、
楽しい事も苦しい事も、、すべて無駄なものは何もないよね。
すべて自分への栄養だニャ。
You're what you eat.って言葉があるけど、経験も含めてね。
生きてる事その事、今が大切だね。
今年も宜しく。

2019/01/02 (Wed) 06:09 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: あけまして

つかりこさん
明けましておめでとうございます〜
こちらこそ、よろしくお願いします♪

すごいでしょ!
今思うと夢のようで、ホントスゴイ(笑)
改めて会えたんだ、良かったなあって思います
マネージャーが奥様なのでピッタリ監視が付いているので
他のミュージシャンなら大抵六本木のジャズクラブで
アフターセッションを楽しむんですけどロリちゃんはそういうことしないようです
もし行くとなったらいけたかも
残念!!

2019/01/02 (Wed) 06:47 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

CHIBIさん
新年おめでとうございます〜
こちらこそよろしくお願いします♪

ホントに?ありがとう〜
印刷したら写真が絵のような風合いになって面白くなりました
自分の出来ることでやってみたら無事になんとか出来て
やったあ!!と叫びたい気持ちに、
これでホッとしました

> You're what you eat.
この言葉、いいですね〜
言い得てますね!
気に入りました!!
仰る通りです
おいしいものも拙いものも幸運も理不尽も
全て今に繋がっていて、
他者がどう言おうと、私の人生、捨てたもんじゃない
私は私であり、むしろ誇らしく語れます
励まされました。
CHIBIさん、ありがとう〜

2019/01/02 (Wed) 07:08 | EDIT | REPLY |   

egochann  

あけましておめでとうございます。
ソニーロリンズですか。いいですね。
私も最近はクルマで聞きます。
テナーの音の吹き抜け感が好きです。
実は私も少しアルトをかじったことがあるんです。
ものには成りませんでした。何と言っても楽譜を読むのが苦手で。
友人の弟はテナーでスタジオで活躍していたんですが、体を壊して
引退しました。スコットハミルトンを東芝の新年会で間近に聞けた
ことが良い思いでです。
今年もよろしくお願いします。

2019/01/02 (Wed) 10:02 | EDIT | REPLY |   

エル  

字が無茶苦茶綺麗。v-10
僕は、、へたっぴいですので、憧れますv-20

2019/01/02 (Wed) 16:23 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

egochannnさん
オオ!車の中で聞くロリンズいいでしょうね
うちも車の中はいつもいい音が鳴っていました

アルトやってたんですか
アルトもいいですよね
譜面に弱い人、ジャズ屋にはいましたよ
譜面は読めたほうが良いけどジャズの譜面はCメロとコードだけですので
ジャズ屋ならやれたかも‥
もちろん初見でやれるほうが絶対いいですね
お友達の弟さん、スタジオなら初見で出来る人ですね

生スコットハミルトンですか
いい思い出ですね
そういえば、人気バンドのOKAMOTO'Sのボーカルが彼の息子さんらしいですね
なんどか載せようとしてチャンスを逃していたのですが
スペインのジャズスクールのコンサートでハミルトンが演奏しているのをY-tubeでたまに見ます
こちらこそ今年もよろしくお願いします

2019/01/02 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

エルさん
考えたらほぼ1年ぶりに字を書いてる感じですね
この後、何枚か書いているうちに少しは良くなってきました(笑)
でもやっぱり下手になってますv-516

2019/01/03 (Thu) 00:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply