Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

24
2018  07:02:51

晴れたらいいな*Locomotion - John Coltrane






ある晴れた日




P6010037.jpg











P6010036_20180624054525cc0.jpg











P6010035.jpg



晴れが好き
青空が好き

晴れた日は落ち込んでいてもテンションがハイになる
悲しいことがあっても
理不尽な事が起こっても
抜けるような空を見上げてスカッとする

一瞬忘れるだけかもしれないけど
ちょっとは前を向ける

雨は苦手なうえに
傘なんて邪魔
電車に乗ったり
お店に寄ったら
忘れないようにしなくちゃならないし

そう言えば15、6年前の事だけど
こんなことがあった
隣に座っていた男の子が下りる間際に
お気に入りの買ったばかりの傘をサッと持って降りちゃった
走る車窓からその子が傘を持ってホームを歩いてるのを見て呆然とした
でもその子、障害をもっているっぽいの
だから駅にも交番にも行く事が出来なかった
なんかどう表現したらいいのか咄嗟に考えられなくて
それっきり
何も言えないよね

すっかり昔話になって
初めて使った日のことだったから
おぼろげな記憶は更に薄まって消えつつあり
今はどんなのだったかも覚えてない

雨じゃない方がいい

近頃イヤな事はあっても
いい事は中々来ない
嬉しいことがたまにあってもすぐヤな事に変換しちゃって
ちっともなのだ

晴れてる方がいいな
あ、
でも
雨の日の匂いは好きかも
子供時代を思い出す

子供の頃は水たまりの中をのぞいたりして
雨雨降れ降れランランラン的でもあったけど
今はもう
買い物袋で手が塞がってることだし
傘は余計よ

早くグズグズお天気は終わりにしてほしい

だからって
梅雨の季節が終わったら
紫陽花も終わっちゃうのだけは勘弁して

明日晴れてくれたら嬉しいな



そんな願いを込めて
スカッとコルトレーンを♪

アルバム「Blue Train」
ブルーノートレコードに残した唯一のリーダー作

コルトレーンのの良さは本当はこれじゃないかと思う
サイドにリー・モーガンのペット、カーティス・フラーのトロンボーン、
そしてコルトレーンのテナーも入れて三管
最高じゃないの
リズムセクションも最高です
ドラムから始まりリフに行きコルトレーンのテナーがノリにノっててファンキーな一面も覗かせる
後に聴こえるチェンバースの心地よいベースの音
ファンキーなノリのフラーのトロンボーンがいいですね〜
その後で若いリーモーガンが鮮やかに入って来てのびのびとめちゃノってるでしょ
そしてウマい!才能キラキラ
その後のケニードリューもノってるノってる
そしてフィリージョーのドラムソロへ
柔らかく歌うようで、きれいな音、もっと長くやって欲しいくらい
きっとこの収録は楽しくってしょうがなかったんじゃないかな

永遠の名盤です


Locomotion - John Coltrane



https://www.youtube.com/watch?v=2RyrB89s8q8
Album: Blue Train (1957)

John Coltrane tenor saxophone
Kenny Drew — piano
Curtis Fuller — trombone
Lee Morgan — trumpet
Paul Chambers — double bass
Philly Joe Jones — drums






このリフは覚えやすく記憶に残り、三管にふさわしい
何かに似ている気がして来た
何だろ
もしかしてPit Innのステージで管の多い編成ででも聴いたのかなあ




励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければ「ライオンズに恋をした」をご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314



関連記事
スポンサーサイト

 John Coltrane

0 Comments

Leave a comment