FC2ブログ

新宿etc…*Speak Low - SONNY CLARK






エトセトラ

バスケットモノクロ











バスケット


開花宣言したけれど
寒い

新宿物語 『1』

新宿にはもうずっと行ってない
「ほぼ毎日、ほぼ昭和食堂』のブロガー友honobonoさんの新宿の熊本ラーメンの店「桂花」の記事を見て
懐かしさが込み上げてウルッとする

結婚してからもLIVEや買い物など何かと新宿によく行ったけど
青春の新宿を思い出すと格別の匂いがする。
走馬灯という言葉がふさわしいように
ぼやけた映像と鮮明な映像と記憶が入り交じりながら浮かんで来る
焦燥感にも似た寂寞感を伴って
ずいぶん遠い日の事になっていると改めて沁みじみ思う

初めは同級生との待ち合わせが東口改札前だった。
その時怖くて緊張して歩いた歌舞伎町もそれ程怖いわけでもなく、
すぐに平気になっていった。
歌舞伎町の路地にあったジャズ喫茶ワークショップによく行くようになって慣れたのかもしれない。
隣りはロックの店で、たしか向側に加藤登紀子の両親経営のロシア料理の店があった
その店には2年ぐらい通ったかな
カーメン・マクレーに出会うのも、そこがボーカルのレコードをかける珍しいお店だったからだ。
土曜の昼のカウンターの中には慶応の学生が入っていた
夜1人で行ったらホ—ルを任されていたのは超カワイイ女の子で
カウンターには30代後半くらいの黒髪のしゃきっとした女性がカウンタに入っていた
彼女が店を取り仕切っていた

ダイアナだったかワシントンだったか靴屋が向側の角にあった富士銀行そばのビザールに入ることもあった。
ビザールは友達と待ち合せてお喋りしようなんて思ったら避けるべきで
急な細い階段を降りてズーンと重いドアを押して開けるとヒヤリとした空気に一瞬で包まれる
ガンガン音が鳴っていて、その中にただただ身を置いてコーヒーを1杯すすって出るのだ
その空間が好きで1人で行く店として存在した。

友達とよくコマ地下にあるイタリアン「ジロー」でラザニアを食べた
1人で出かける時の昼は中村屋のタンシチューを食べた
周りの殆どの客がカレーを食べている中でタンシチューを食べた
3回のサロンで中村 彝の「少女」の絵を前にしばし佇んでからレストランに入ることもあった。
「ルイード」の近くにあった中村屋のもう一つのカジュアルなレストランにもよく入った
子育て中も母子2人だけならそこで食べた

三越裏には「青蛾」があり、お茶を飲めた
その頃にはラーメンは「桂花」のターロー麺と決まっていた

行きつけのジャズ屋の店内には骨董屋さん?と思う程カウンターも壁も天井までも
店主が年に数回定期的に行く京都の骨董市で買ったアンティークなもので溢れていた
多国籍というかもはやカオス
灰皿は古伊万里や九谷のお皿だった
アフリカの石で出来てるウスの上にガラス板を載せたテーブルがあり
ドライフラワーに混じって外国からのカードや写真が詰め込んであった
カウンターには仏像もあった
狭い店内の奥にひとつだけ置いてある二人用ソファがお気に入りの席だった。
お喋り禁止でないジャズ屋は珍しく普通にお喋り出来た
狭い店なのでお喋りの大半は皆が共有している感じで会話が飛び交う。
エラのアルバム「サンタモニカ」に針が落ちたらみんなノリノリになって
テーブルとテーブルの間の通路で腕が触れながらそれぞれ勝手に歌って踊るのである。
サイフォンでいれる珈琲は美味しくてロイヤルアルバートのバラのコーヒーカップで出してくれた
サントリーホワイトを千円でボトルキープした
かけるアルバムは好きな種類の音だったし、
初めて来た客がエバンスの…ありますかと言うと
誰ですか?知りませんね〜とあご髭に手をやり、カウンターの中の人が言うのだ
私には家に帰るみたいに居心地が良く波長が合った

そこからゴールデン街に流れることもあった
ジャズ屋の常連仲間の行きつけは「渚」だったか、、、
唯尼庵にも思い出がある
あることが共通の男性にキヨさんを紹介された…
キヨさんがそのことを覚えてたかどうか定かではないけど
その後もたまたまの流れで何回かカウンターに座ったこともある

いつだったか常連仲間の絵を描いているHくんとゴールデン街で飲んだ時、
隣りの席の客とHクンも私も意気投合した
終電が終わったというその人とHくんも一緒に3人で、
まだ動いている山手線の駅にある私の部屋に帰った事がある
早朝目覚めて目を開けたら本を枕にして1人の男性がごろんと寝ていた
誰?何があったの?
Hクンは早朝出勤なので仕事に向った筈だけど記憶が途中から消えている
そのウチまた眠ってしまい、また目が覚めた時にはその人もいなくなっていた
数冊重ねた本の山が脈略も何の法則もなく2つ畳の上に残っている風景が笑えた。
雰囲気も見かけも話し方も好きなタイプで気に入っていたのは事実だけど
そんな気持ちを伝える事もなく、すでに遠い記憶の彼方へ
もう二度と会う事はない
出版社とか放送局とかたぶん業界の人かもしれない
あの人はいったい誰だったんだろう


どん底、猿のこしかけ、ドンガバチョ、山小屋…
懐かしい響きだ
そしていつの間にかジャズ屋メインの生活に変化して行った


つづく…



Speak Low - SONNY CLARK


https://www.youtube.com/watch?v=brmFaZfRZQE

album : Clark's "Sonny's Crib"
Recorded at Van Gelder studio, Hackensack, NJ (10/09/1957)


Sonny Clark (piano)
John Coltrane (tenor saxophone)
Donald Byrd (trumpet)
Curtis Fuller (trombone)
Paul Chambers (bass)
Art Taylor (drums)





励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければ「ライオンズに恋をした」をご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314


関連記事
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

CHIBI  

いや〜、懐かしい名前が幾つも出て来たニャ〜。
そして皆、若者も年寄りも何かを求めて突っ走っていた。
どの店も皆、いい名前を持ってたね。個性もあって独特で。
何時しかお金が皆に才能や個性を牛耳って画一化してチェーン店に。
そういえばカウンターにサイフォンを沢山並べてる喫茶店が沢山あった。
サミーデービスジュニアーが音楽に合わせてサントリーホウィとのボト
ルを指の大きな金のリングでカチカチならしてリズムとるCMもあった。

2018/03/20 (Tue) 09:54 | EDIT | REPLY |   

hobohobo  

いやー、かなりのディープゾーンに行かれてたんですね。
最近、記憶力がスカスカなので、いろいろ「知ってるような気がするー…」という案件の連続で。
「ルイード」という単語にやっと脳みそが反応し、「サントリーホワイトを千円でボトルキープ」という感覚、懐かしい…。

「初めて来た客がエバンスの…ありますかと言うと 誰ですか?知りませんね〜」
こういうやりとり、わかるような気がする。
いや、エバンス、いまは好きですけどね(笑)。

僕も新宿、もうちょっと突っ込んでみたくなりました。

2018/03/20 (Tue) 11:13 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

CHIBIさん
青春ですね
記憶が重なりました?
サイフォンいっぱい並べてる喫茶店、ありましたね!
そうそう、サミー・デイビスのCMありましたね〜 
懐かしいですね〜
あの時代なりの活き活きした文化が新宿にもありましたね

2018/03/20 (Tue) 12:47 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

hobohoboさん
いろいろ思い出してました
でも記憶が薄れてるんですよね〜
それが年々増してると実感しました
ここはボトルはホワイトしか置いてなくて千円という値段はお安い方でした

エバンスの事
ここはそんなお店です^^
安心して身体中で音を楽しめる空間でした

> 僕も新宿、もうちょっと突っ込んでみたくなりました。
それは楽しみ
ぜひ、やって下さい〜

2018/03/20 (Tue) 12:54 | EDIT | REPLY |   

エル  

おお〜今日、幡ヶ谷の「桂花」行ってきたトコですw
想い出の場所、、変わって行くのは仕方ないとは言え、
きゅっとしますよね、、、v-22

2018/03/20 (Tue) 19:30 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

エルさん
オオ!2回目、行きましたね〜
もう既にハマってるでしょ^^

そだね〜
行きつけのジャズ屋はかなり前土地ころがしの時になくなってしまいました
新宿は副都心再開発でも変わったけど、最近の変化はスゴいですね
時の流れがスピードアップしてるみたいで…

2018/03/20 (Tue) 23:34 | EDIT | REPLY |   

SATOくん  

carmencさん、おはよー!
懐かしい思い出だね!
思い出はしっかり心の中に!
ところで、雪と寒さ大丈夫?
昨日から凄いことになっているね!
気を付けてね!

2018/03/22 (Thu) 07:20 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

SATOくんさん
はい、誰にもある思い出を振り返ってみました
開花宣言してから一気に冬に戻りましたね
ついて行くのが大変ですよね
来週はあたたかくなるらしいです♪

2018/03/22 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply