FC2ブログ

一瞬のとき…*A Hazy Shade Of Winter & The Boxer - Simon and Garfunkel





若い日は
一瞬のとき…


PC180359_20171221124218f7e.jpg



無邪気に笑ったあのころ
未来は輝いていた筈なのに




PC180360_201712211242200e0.jpg











PC010162.jpg






冬の陽炎 (邦題:冬の散歩道)

A Hazy Shade Of Winter - Simon and Garfunkel


Old Friends: Live on Stage, 2004
再結成コンサート:ニューヨークおよびニュージャージー公演
2003~2004年にかけて行なわれた20年ぶりの復活ツアー
感慨深い

時間、時間、時間よ!

僕がどうなってしまうかわかるだろう

自分の可能性を探そうと見回している間に

自分を満足させるのは難しかったよ

でも周りを見回してごらん、
木の葉は茶色になり

そして、空は冬のかすんだ灰色だよ

下流の川岸から
救世軍の音楽隊の音が聞こえるだろ
君が思っていたよりいい状況だよ
自分の手でチャンスを掴むんだ
周りを見渡してごらん
もう木の葉は茶色く色づき
そして、空は冬のかすんだ灰色だよ

友よ、希望を見失うな
言うのは簡単だけど。
もし君の希望が失せてしまっても
平気なふりをしなよ
そうすれば、また希望を立て直す事ができるよ
周りを見渡してごらん。
草木の背は伸び、田畑は実り
まさに人生の春さ

季節は、景色と共に変わっていくよ
時間のタペストリーを編むように
いつでも好きな時に立ち止まって、僕を思い出しておくれ
おかしな事に、僕の記憶はスキップしてしまう
未公開の詩の原稿をながめながら
ウォッカやライムを飲みながら

周りをみわたしてごらん。木の葉は茶色に変わり
そして、空は冬のかすんだ灰色だよ
周りをみわたしてごらん。木の葉は茶色に変わり
地面には雪の解けた跡が見えるよ




時は過ぎるだけ


PC010150.jpg






その流れを押しとどめることはできない



PC010199.jpg






人生はさまざま
人の間も変化する

勘違いもあれば誤解もある
敬愛してたとして、
軋轢だって生む

長い年月を経て再び
2人仲良く並んだ

2人揃ってのコンサート
涙なしでは観られません

セントラルパークの2人
ポールとアートはお互いがかけがえのない存在なのだ

The Boxer -Simon & Garfunkel (live 2009)



 


こんな若造の身の上話を聞こうなんて、
あんたも変わってんな
そりゃ俺だって、どこにでもある様な
ささやかな暮らしってやつを
追い求めてきたんだ

ああ、せいぜい面白おかしく、
あんたが聞きたいように聞いてくれればいいよ・・

俺が家を捨てて、故郷を離れたのは、まだほんのガキの頃さ
見知らぬ人たちの中
静まり返った駅のホームで、不安に怯えていた

そりゃ、ひどい暮らしだった
ボロをまとった人達が、吸い寄せられるように集まる貧しい街の中で、
「いつかここを出てってやる!」
って、そればかり考えてたんだ

日雇いの給金程度でもいいからと、こっちに来て職を探し回ったけど
どこからもお呼びはかからずさ・・

声をかけてくれんのは七番街の娼婦だけだよ・・
あんまり悲しくて、寂しかったから、
その温もりにすがった事もあったよ、アハハ・・・

俺の周りで時間はどんどん流れていく
ずっと変わる事無く季節を刻んでいく

俺は以前より年をとった
これからも時間を積み重ねていくだろう
色んな事があってさ、人生って変わっていくもんだろ?
いつまでもずっと同じなんて事無いはずだろ?
それって、おかしな話じゃないだろう?
そうだろ・・・?

こんなコートを脱ぎ捨てて、故郷に帰りたいよ

ニューヨークの冬は、寒くて寂しくて耐えられないよ
ここには、俺なんか居ちゃいけねえってさ・・
さっさと帰れってさ・・・

そう言うと彼は、寂れた拳闘場のリングに上った
その日の暮らしのために
彼を叩きのめそうとする、敵のグローブをじっと見つめながら、

自分への苛立ちと、恥辱のなかで彼は叫ぶ
「もういやだ、もうたくさんだ!」
でも、彼の殴り合いの日々が終わることはない・



励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314


関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

エル  

こどもたちの向かう先が輝いて
光の中に行くような
眩しいく見える子ども達の写真ですね。

未来の粒子たち、いろんなことあるけど
頑張って欲しいですよね。

我々大人も、眩しくなく形は変わってしまったかもしれないけれど
いい色彩をした未来を目指してゆきたいです。。
おっと、どっこい、まだまだ、、ですwv-218

2017/12/22 (Fri) 18:39 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

エルさん
子供たちがカワイくって癒されます
とっても華やいでいて、無邪気で、、、
そうそう、
光の方へ向っていますよね!
いつまでもそうであってほしいです

2017/12/23 (Sat) 03:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply