FC2ブログ

寂寞*Autumn In NewYork - Kenny Dorham sextet







日が落ちて…

RIMG4889.jpg

秋の日は
スピードアップして
日が暮れる





深まり行く秋の日

やはりそろそろ
この曲を


Autumn In NewYork - Kenny Dorham sextet



Cafe Bohemia, New York, NY (05/31/1956).

Kenny Dorham (trumpet)
Kenny Burrell (guitar)
J.R. Monterose (tenor saxophone)
Bobby Timmons (piano)
Sam Jones (bass)
Arthur Edgehill (drums)






励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら嬉しいです♥

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314



関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

エル  

霧の中に響く霧笛の様で、、、
Kenny Dorhamいいですよねえ。
一枚だけですがCD持ってます

点字ブロックが
小さな光の奥に、
どこまで続くか解らない路のように見えます。

2017/10/29 (Sun) 06:19 | EDIT | REPLY |   

なべ  

こんにちは♪

モノトーンの世界、小さく写ってる人物の背中に哀愁を感じます。
曲の雰囲気に相応しい余韻が残る絵ですね♪

けだるさを感じるドーハムのラッパ いいですよね^^

2017/10/29 (Sun) 12:02 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

エルさん
ドーハム、いいですよね〜
そんな音ですね〜
黄昏時、また真夜中の漆黒、霧が重く立ちこめて…
のような世界ですね

そう、そうなの!
この道は奥につづく光の道…
そんなコンセプトです〜
なんか嬉しいな♪




2017/10/29 (Sun) 12:59 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

なべさん
ありがとうございます〜
後姿って、その人の思いとか人生が見えるような悲哀を感じますよね

この曲を他のミュージシャンのもアップしたいと思っていたのですが
この光景にはドーハムの音がフィットすると思いました
たしかにけだるいかも
ドーハムのバラード、けだるく、そして沁みじみ来ますね

2017/10/29 (Sun) 13:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら All Rights Reserved.