Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

29
2017  11:37:15

さよなら仙台byebyeお母さん月へ…*Fly Me to the Moon / Lucky - Rick Hale & Breea Guttery‬







これが最後の帰郷になるでしょう
おそらく
多分
きっと…




P3272137.jpg










P3272141.jpg











P3272139.jpg








仙台デッキ左











仙台駅デッキ雨模様











仙台駅中歩く人映り込み










仙台駅映り込み立ち姿










P3272131.jpg

寒い…
東京では桜の開花宣言したものの
桜はしばしお預け

3月
春・やよい



もっと前に会いたかった



驚きは豹柄
大阪のオバちゃんじゃないよ

母の豹柄


オシャレな母だったけど
まさか豹柄を気にいってたとは…
さすが私の母♪
15年程前に淡いブルーグレーだったかな
母の日にブラウスを送ったら色合いが地味みたいで不満げで
こんなのは着れないって怒るように言ってました。
次の年に胸元にチャラチャラネックレスのようなものがついていて
キラキラしてるのを送ったら気に入ったようで
それはそれは喜んでいた。
ハッキリしてますね。
もう外出することも無く普段家にいるだけなのに服に拘ってオシャレさんでした。
だけど、もし私が豹柄の服で訪ねて行ったら
そんな恥ずかしい下品な服を着て来るもんじゃないと言うと思うんだけどなあ
モチロンオシャレに取り入れてるつもりですが…
昔、新宿の紀伊国屋書店の1Fにファッションのセレクトショップがあった。
細目の長い帯の布とジーンズ布を斜めに交互に縫い合わせたパッチワークのような
腰の下辺りからフレアーになるロングスカートを見つけた。
そのようなフレアーをエスカルゴと言ったかもしれない。
ちょっとヒッピーな感じはするけど自由な無国籍風な感じで好きでした。
Tシャツの時もあったけど、
フレンチスリーブで袖ぐりにフリフリがついているケンゾウのブラウスを合わせるのが一番好きだった。
そうするとヒッピー色が薄まって…

当時のそのブラウスの写真があった

梵天スーと

荻窪・梵天にて  漫画家Sueと



そのスカートが母には気に入らなかったんでしょうね
帰郷中の友人、地元にいる従兄弟に電話しようとしたらやめなさいと言う。
母がいない時を見計らってダイヤル廻してるとどこからか飛んで来てガチャンと切られた
スカートも気に入らないのでしょうけど
そこまでするか?
同じ時に偶然帰るなんて滅多に無く、その時限りなのに…
友人は連絡を待っていたらしい。
そんなことやら家に帰る時は服の選択にも困った。
なのに豹柄?
ま、オシャレならいいんじゃん☆

そんな事ばかり言わないで
折角帰っている間楽しい会話した方がいいのになあ
他にも色々と私にはキツいのよね
他の姉たちには言ってないみたいだったし


我が家は父もオシャレさンでした


棺に眠る小さくなったお顔を見てると
言葉が出て来た
そのまま小声で呟くように口から出るのに任せた
おかあさん、
おかあさんっていい響き
大事にしたい人だった
お母さんを幸せにしたいって幼い時から思っていた
そんな思いを考えることも無く知らずにイっちゃった
おかあさん
泣けて来た
抑えたが嗚咽した

会えて良かった
おかあさん、

バイバイ



月へ飛ぶ想い


Fly Me to the Moon / Lucky - Rick Hale & Breea Guttery‬



Arranged and produced by Rick Hale and Justin Tyler







励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしてね♥

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村






ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html





関連記事
スポンサーサイト

 帰郷

2 Comments

kooyan  

お悔やみ

carmencさんのお母様がお亡くなりになられたのですか・・

僕の母も数年前に他界しました。
遠方だったので兄弟で僕だけ死に目に会えずに何というか心苦しかった。
「おかあさん」という言葉の響き、書かれていること良く分かります。
最後にお別れを!と言われると、やはり悲しいですよね。
きっと言葉にならないいろんな感情が、溢れ出してくるんですよね。

心よりお悔やみを申し上げます。

2017/04/02 (Sun) 22:40 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: お悔やみ

kooyanさん
ありがとうございます。
そうだったんですか
離れて暮らしていたせいもあり
母親がもうこの世にいないということにまだ実感が来ません。
状況は違ってますが、父の時は少し時間が経って、
心の中にいつも居るのを感じました。
母はどうなのでしょう…
きっと夜空の星になって見守ってくれてるのでしょうね
お悔やみをありがとうございます。

2017/04/03 (Mon) 01:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment