Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

24
2017  04:00:52

細野さん… pathos*悲しみのラッキースター - ‬細野晴臣







ほっこり…



P2231918_201702231814064aa.jpg











P2231910.jpg










P2231911.jpg

工房mymy
知人の羽田さんの作品


あったかい人が創るほっこりには
愛が満ちあふれていて
幸せのお裾分けしてくれる


細野さんのこと
<pathos>

昔は殆ど聞かないジャンルで、どちらかと言うと苦手な方で
だけど
突如私の世界に入って来た
細野さん!

ずいぶん前のことですが朝日新聞のBeという企画記事の紙面一面で
細野さんにフォーカスしていた
ちょっと軽い感動みたいなものがありました
共感と居心地の良さみたいな…

その記事の文をみつけました
<夜ごと車走らせ、生まれた歌 ミュージシャン細野晴臣>
2009年5月30日

細野さんは芝・白金で生まれて今は佃大橋に住んでいるらしい
建築会社の現場監督をしていた父親が担当していた佃大橋の現場を見せてくれたことや
毎月深川のお不動さんに出かけていた母方の祖母の記憶が
そこに引越した理由じゃないかと
縁というものかもしれないと言う

「佃大橋の近くに住んでいて、門前仲町や浅草のおかず横丁に足を延ばすこともあるよ」

確か紙面には下町から銀座辺りまで自転車でお散歩する姿の写真があって
それが自転車はママチャリだったような記憶が…
それがホノボノしていていいんですよね
薄い記憶なので合ってるかどうか曖昧ですが
私も自転車が好きで、風を感じるのが好きで
昔、西荻から吉祥寺へ自転車で行くこともあった
でもだからってウマくはなくって
井の頭通りの広い車道だから走れたと思う
電柱やバス停などある細い舗道は苦手で
トラックが近くをビュンビュン走る車道も怖くてとても走れない
舗道から車道へガッタンと自由に降りられるようでなければ難しいですし
日本の道路状況って自転車にもやさしくないと思いますが
殆ど改善されないですね
そのうえ最近の自転車の法律なんて車道を走れってことでしょ
余程ウマい人じゃないと乗れないと思うけど…
話が逸れちゃいました

細野さんに戻して
細野さんも同じように考えているのね
「 もう地名も路面電車もなじみの本屋も消えて、東京の風景はずいぶん変わってしまった」

記事の前年、初めて深川不動に行ったらしい
「なぜおばあちゃんが毎月出かけたのかが分かったよ。
商店街がとても楽しいんだ。
下町にはまだ、昔の東京が残っている気がする。
それは何も考えずに暮らせた大学生のころまでの僕の幸せ感に重なっていて、
例えれば「サザエさん」の世界。あのころの東京には、人も空気も優し い、
ローカルなよさがたくさんあったんだよ」

東京生まれじゃなくても、町から色んなものが消えちゃって
全く違う街の東京を実感している
細野さんの言葉が肌身に沁みるんですよね

あの頃もっとユッタリ時間が流れていいて
山手線なんて3周ぐらいしてもいい感じで、実際そんな人もいたんじゃないかな
座席に座っていて目の前に立ってる人が重そうなバッグや荷物を持ってると
「ここに置いて下さい。どうぞ」って膝の上に載せるように促すと
するとすみませんって置くんです。
こんな事は特別ではなく私以外にもしてるのを見ました。
いい時代だったなあ…
今だったら警戒されるだけなので中々言えませんが
そう言えば数年前に何十年ぶりにそんなことがありましたよ
同年代の女性だったからかな
快く受けてくれて私の膝に置いてくれました
こういう文化、いいのになあ
ぎすぎすする社会は良くないよね
同時代に生きる奇跡の人間同士
法律や決まりなどでは出来ない世界
人間ならではの寛容さというか
ベビーカーにも冷たい事を言うのなんて考えられない
混み過ぎってこともありますね
ホント、豊かな日本のして来たことは破壊ね
高層ビルばかり林立させて高けりゃいいってもんじゃない
そう思うよ
自公がやって来たことなんだよね
デベロッパーや大企業が儲かる仕組みで
江戸を破壊へと進めて来たのは自民とそこにくっついた勢力なんだから

また逸れちゃった

ほのぼの細野さん
こういう人と人生晩年を共にしたいなあと思ったら、
ご家族とずっと離れてお暮らしだったとか
音楽に集中したいからって

「24歳で結婚したんだけど、音楽に集中したいこともあって、27歳のころに家庭を離れたんだ。
それからずっと一人暮らし。引っ越しは30回以上したかな」

「娘には「音楽家としては尊敬するけど人間としてはダメ」って言われちゃった」

「でも、年を重ねるの はとてもいいこと。寛容を学び仲良くなれるからね」

「僕は音楽を愛しすぎている」と

似ている…
音楽の無い生活なんて考えられない
出来れば音を出す人と音を創ってる作業の中に
この身を置いていたい
そしてそのそばでいい香りの珈琲を入れて
ボーッとしてたり、
アドバイスを求められたら言ったりして

そしてたまに風の音を感じたりして…

科学や宗教にも関心があるらしいので
そんなことも話せるのっていいのよね

TV人間でもあるけど
居心地の良い音楽は不可欠

「これまで国内外のいろんな場所を移動したけど、いつも自分の居場所がないという思いがあるよ。音楽も理解されないほうが多く「無国籍、辺境 の音楽家」と言う人もいた。」

そうだったのね
居心地の悪さを感じながら新しい音楽を創り出して来たのね

年を重ねていい感じになった細野さん
アルバム『HOSONOVA』がそれを表している


この細野さん
ファンキーなの

悲しみのラッキースター - ‬細野晴臣



チャップリンみたい
ご自宅のスタジオでやってるのよね
ここに私のよく知っている人がお邪魔した時のことを聞いているんだけど…
そこから… 残念ながら私の所にまでご縁は波及してませんが(笑)

『HoSoNoVa』
Tin Pan Alleyの鈴木茂、林立夫、佐藤博や、徳武弘文、民謡の木津茂理、注目のブルースシンガー中村まり、Cocco、コシミハル、高田漣、伊賀航、伊藤大地(SAKEROCK)がレコーディングに参加
今売れっ子の星野 源との共作も収録。
またはっぴいえんどのラスト・アルバム『HAPPY END』(1973年)以来40年以上ぶりに
アメリカン・ポップスのヴァン・ダイク ・パークスも参加


細野さんのおじいさまがあのタイタニック号に乗ってらした!
日本人で唯一の人で生還した人!
だけど当時いわれなき誹謗中傷を受けていた
「他人を押しのけてまで生きて帰った卑怯者」という世論が巻き起こったと言うのです
こういう日本人の狭い感情、何でしょうね
事実とは違うのに反論もせずに国民から卑怯者と罵られるのに耐えて生涯を終えたと言うのです。
映画タイタニック制作の際の調査でその無実は証明されたということですが80年も経っていた。
どれほど辛く忸怩たる思いをされてらしたか
誹謗中傷やデマって本当に味わった者にしか分からない地獄のような辛さです
話す場を与えられて聞く人がいなければ
選択肢はジッと耐え忍ぶしかないのです

細野さんに感じるペーソスがその辺の事もあるのかもしれない



The House of Blue Lights‬ - 細野晴臣



Heavenly Music』 2013年5月22日(水)発売
VICL-64031 ¥3,150(税込) CD全12曲収録


短いけどこれ、大好き

昔有馬一朗という俳優がいてどこか洋風な動きで
バスターキートンとかチャップリンとか
ブロードウエイのコミカルな舞台から学んだような
私、一つ動きを覚えて習得してまして
それを小学生だった娘にしっかり伝承しております
なので娘はその一発芸が出来る筈なんですけど
活かしてるかな

細野さんの動きがそれを彷彿とさせるのです

「僕の音楽作りは思い出せない夢をなんとか思い出そうとする作業に似ている。
郷愁が僕の力の源泉だよ」












励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしてね♥

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ






ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html

スポンサーサイト

 細野晴臣

4 Comments

stick boy  

"Hosonova"リリース直後にNHKで放送されたドキュメンタリー(SONGSか?)が、すごく良かったのを思い出しました。
知世ちゃんが出ていた記憶がある。
たしか震災直後でね。
"SMILE"のライヴ演奏がとても沁みました。

"悲しみのラッキースター"は、細野さんも参加している青葉市子さんバージョンもおススメです♪

ちなみに僕は現在、(細野さんと「はっぴいえんど」で一緒だった)大瀧詠一祭り開催中です...(自分でもよく分からないのですが、突如として燃え上がった)。

2017/02/24 (Fri) 21:22 | EDIT | REPLY |   

kosk  

素敵なエッセイ!

深川はホントにいい街ですよ

2017/02/24 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

stick boyさん
それ見てないけど、分かるような気がします。
細野さんの醸し出す雰囲気も、発する言葉も、その語りも、いいんですよね
SONGSかあ
いい番組ですよね
でも新聞取ってないせいか番組予定が全く把握出来ないので
見逃すんですよね
震災後からもう新聞はやめたので

> "SMILE"のライヴ演奏がとても沁みました。
あ〜いい曲ね。チャップリン…
細野さんピッタリね
ブログに載せてるけどマイケルのもいいです。
涙が出ますよね

> "悲しみのラッキースター"は、細野さんも参加している青葉市子さんバージョンもおススメです♪
あ、そうなの!?Y-tubeにあったかも

> ちなみに僕は現在、(細野さんと「はっぴいえんど」で一緒だった)大瀧詠一祭り開催中です...
開催中ってどこで?どんな祭り?
>突如として燃え上がった
燃え上がるっていいね!突如として燃え上がるっていいな…
大瀧さん好きですよ
日本で生まれたスタンダードナンバーみたいな感じしますね
洒落ていて声も良くて…
大瀧さんとは直接知り合いとかではなく、
ちょっとした思いがけないつながりがありましたよ

2017/02/25 (Sat) 01:21 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

koskさん
ありがとう〜
すごく嬉しい〜
時々休み休みで4時間近くかかって書いたのでとっても嬉しいです
新聞記事を読んだ時思ったことを思い出しながら
今細野さんを感じてる心をつらつらですけど綴りました

> 深川はホントにいい街ですよ
私も好き!
私の好きな大事な人が森下出身で
彼女の実家の話や木場とか深川の話を聞くのが好きで
気っぷの良さとか、粋な計らいなど含めて彼女の醸し出す雰囲気が好きでした
馬が合って親戚みたいな姉妹みたいになって、、、
一度あの辺を1人で歩いたことあるけど、
ゆったりといい空気が流れてました


2017/02/25 (Sat) 01:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment