Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

07
2017  02:29:51

赤い糸…*The scientist - WICKER PARK(ホワイトライズ)







線路沿いの空


線路沿い隙間






ColdPlayに出会って救われました

その頃Jazzを避けていて
なるべく距離を置くようにしていました

子供がMTVを見るようになって
その時ヒットしてる色んなジャンルの曲が中心になるけど
あまり得意じゃなかったUKロックも馴染んで行った

レッチリが1位になってた頃
いいなあと思ったのはGreen Dayだった
それ以前から娘の影響でGoodCharlotteなども好きだった

娘からエミネムのMVの説明を受けて好きになって
それまで苦手だったHIPHOPを聴けるようになった
HIPHOPの入り口はエミネムだ。
その頃よく流れていたSnoop Doggとファレルはあまり好きではなかったけど
ずっとあとでファレルを好きになる
アギレラの歌のうまさには初めから感激して一目置くという感じで
武道館に見に行ってる。
その頃一番聴いたBSBとイギリスのblueは特別だった
今はBSBとblueを聴いてると涙が溢れてしまう

たまにはホッコリすることもあった家庭生活だったけど
その頃から次第に今につながる冷たさが覆うようになっていく
その深刻さに気付くのは遅過ぎたが
Jazzは聴きたくない音楽になっていた
身体が受け入れられなくなっているのを自覚した

そんな時In My PlaceのMVを見てクリスマーティンに釘付けになって
歌詞の意味は分かってなかったけど動画がカッコ良く、
映像とクリスの雰囲気に惹かれ魂を持ってかれた

他のジャンルの音楽に惹き付けられて夢中になれて救われた
家出のような逃げ込む先が決まったような感じだったのかもしれない

In My PlaceだけじゃなくColdPlayの曲は新鮮だった
殆どの曲が歌詞がいい
言葉と精神性がフィットする
曲もバンドの音も心地よい
何よりクリスマーティンの白のスニーカーで飛翔する姿が大好きだ
自由を体現してるようで…

昨日のフランスのジュリアン・ミューラーが‪The Scientist‬を歌っている


The Scientist - Coldplay [Cover] by Julien Mueller & Lina Brockhoff‬




君に会いに来たんだ
ごめんねと伝えたくて
君は自分が思ってるよりかわいいんだって

君を見つけなきゃいけないんだ
君が必要だって伝えたくて
かけがえのない人なんだって

君の秘密を教えてくれ
代わりに僕にも聞いてくれ
ああ、一緒にもとの場所へ帰ろう

ぐるぐると螺旋を描いては
同じ結末がやって来る
目の前の事実は動かない

簡単じゃないってことは分かってたんだ
このまま離ればなれになるのは耐えられない
簡単じゃないってことは分かってたんだ
こんな困難が待ち受けてるだなんて誰も言ってくれなかった
ああ、もとの場所へ連れてってくれ

僕は数字や図形を使い
解明されるはずのない君の命題を解けると思った

そうやって得られた科学の”問い”は
そうやって得られた科学や進歩は
僕の心に響かない

僕を好きだと伝えておくれ
また帰って来て、驚かせてくれ
ああ、もとの場所へ急ごう

ぐるぐると同じ所を回っては
同じ結末を追いかける
僕と君がいた時へ

簡単じゃないってことは分かってたんだ
このまま離ればなれになるのは耐えられない
簡単じゃないってことは分かってたんだ
こんな困難が待ち受けてるだなんて誰も言ってくれなかった
ああ、もとの場所へ帰るよ



ビルのキリン



ColdPlayの‪The Scientist‬はこの映画のラストに流れて
クレジットのエンドロールへと導かれ
素晴らしい余韻に包まれるという流れは見事!
ColdPlayファンとしても
参りました

ジョシュハートネットの表情がせつなくて
そのジョシュが学生時代の片思いの彼に似ているので
更にいっそう…
そんなことも重なって
忘れられない映画


奇跡
人と人は赤い運命の糸でつながっているって本当のことかも





The scientist - WICKER PARK(邦題ホワイトライズ) ‬




2004年 ポール・マクギガン監督
主演:ジョシュ・ハートネット ダイアン・クルーガー

邦題のホワイトライズは(White Lie)で罪のない、悪意のない嘘と言う意味
‪WICKER PARK‬は実際のシカゴの公園の名前

1996年のフランス映画『アパートメント』(L'Appartement)主演モニカ・ベルッチのリメイクです

街で見かけたリサを探すラブストーリー
色んな場面で伏線となるシーンを織り込ませて
エピソードが絡み合って謎解きのような展開

ま、主なるストーリーはどなたかのレビューでも見ていただくことにして
あるシーン一点にフォーカス特化します

睡眠薬を飲んでいたとは言え、
一方的に片思いをしているアレックスと言う女子の罠にまんまとひっかかり
マシュー(ジョシュ・ハートネット)が彼女とそういう関係を持ってしまう
オイオイ、ジョシュハートネットよ
お気をつけ下さいまし
映画の中のマシューだと分かってるのに
ジョシュのこととはき違えてしまう女心

ラブロマンスであるけどどこかサスペンス的な所があって退屈しない
それにジョシュもそうだけどダイアン・クルーガーが美しい
それとそこかしこ、画面が美しい…

もう何年も前に見た映画を語るのはおこがましく気が退けるけど
動画発見に乗じて記事にしちゃいました

その後ジョシュはパールハーバーに出演するなど
私の秘かなるお気に入り俳優ではなくなって
一躍有名な世界的スターになって日本でも誰もが知る事になった

ところがここ何年か最近までジョシュの名前が聞こえて来ない
有名になってイヤになったらしく仕事を休んでやめようかとも考えて隠れてたらしい

それが最近吹っ切れて仕事も始めているらしく良かったのですが
なんか顔が変わっているんです
もうあの彼には似てないお顔になってまして
勿論その似ているとする本人も年齢を重ねてすっかり変わっています
ちなみに満天の星の下、ロマンティックで情熱的な初キスの相手でもある

私がウットリした二人はもうこの世にはいないと言うか…


歳月とは残酷なものである

他人事ではない















励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしてね♥

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ






ヤフーブログもやってます
宜しければご覧下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html


関連記事
スポンサーサイト

 映画

0 Comments

Leave a comment