Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

09
2016  00:04:56

草の上… You Don't Know What Love Is - John Coltrane‬









穏やかな瞬間(とき)



ねこじゃらし



希望とか未来とか
見えなくても
穏やかなときがある






高校時代好きだった詩


草の上   三好達治

野原に出て座っていると
私はあなたを待っている
それはさうではないのだが

たしかな約束でもしたように
私はあなたを待っている
それはさうではないのだが

野原に出て座っていると

私はあなたを待っている
さうして日影が移るのだが







You Don't Know What Love Is - John Coltrane‬



November 13, 1962.

McCoy Tyner (p); Jimmy Garrison (b); Elvin Jones (d)



美しい…
これがコルトレーンのバラード

エルビンのドラムがまたいいですね






 







励みになります
ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ







関連記事
スポンサーサイト

 Jazz Piano

4 Comments

pithecantroupus  

こんばんは。
うっとり音楽に聞きほれています。
三好達治を中学校で習ったときに、乳母車やいしのうえと一緒に、
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。
というのがあって、先生が生徒たちに感想をたずねました。
ハイっ!ハイっ!
と手が上がって、『あたたかい』『ほのぼの』『穏やか』『静か』と応えていき、最後に先生が『そうですね』と言いました。
わたしはガーんとショックを受けました。私は『悲しい』と感じたのです。
「優等生」だったわたしは、そのときから落ちこぼれになりました。

2016/10/09 (Sun) 20:35 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

pithecantroupusさん
いいですね〜
聞きほれちゃいますよね
ピアノとベースソロも聴きたいところです

ウ〜ム
> 「優等生」だったわたしは、そのときから落ちこぼれになりました。
落ちこぼれだなんて、それだけで?そんなことあります?

前後が分からないので何とも言えませんが
pithecantroupusさんの文で考えると
私もかわいそうと思います

国語は変な授業だと思います
高校の現代国語で感想を自由に言わせてもらった授業が楽しかったです
そういう授業は中々ありませんね
若い教師でした

数十年経って子供の国語のテストを見て作家が何を考えているかなんて
本当は分からないのに一律の回答を求めるのは間違ってると思いました

2016/10/09 (Sun) 21:30 | EDIT | REPLY |   

stick boy  

「太郎を眠らせ~」の詩に、皆が「あたたかい」「ほのぼの」「穏やか」「静か」なんていう感想を述べ合っている教室の端っこで僕は、簡潔さの中に封じ込められた果て無き時間を覗き込み、ひとり、衝撃に打ち震えておりました。
これぞまさにパンクじゃないか…と!
(この詩については、自分のブログにも書いたことがあります。
http://blognowhere.blog.fc2.com/blog-entry-370.html)

まぁ、実際のところ、その頃はパンクという言葉さえ知りもしなかった訳ですがw、その後、優れたロックンロールを聴く度に、心の中の同じところが打ち震えるのに気づくのです…。

pithecantroupusさん。carmencさん。
世間一般的には落ちこぼれかもしれないが、芸術の世界において、俺達は優等生だぜ!
...たぶん。

そんな僕にとって、コルトレーンといえば”BLUE TRAIN”で、初めて聴いた時、ヘヴィメタルよりヘヴィメタルだぜ!と衝撃に打ち震えた記憶が…(ヘヴィメタルは未だに疎いですが…w)

2016/10/09 (Sun) 22:40 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

stick boyさん
同じ作品で強烈なインパクトを受けてたんですね
スゴい〜
この詩はこの2行だけなんですね
眠らせた…というのもどんな状況なのでしょうね
その上に雪が降り積もる…
しんしんと雪が降り積もる夜、子供を寝かしつけて…
夫婦は仲が良かったのかなあ
その背景がどうであるかでそれを見てる親の心情が変わりますね
2行に込めた思いは何なのか
2行に単純化して凝縮させたのか
単に情景を淡々と表現したのか
とすると三好達治は子供と距離を感じてるのか
真逆に親として見守って温かさを感じてるのか
雪は冷たいという観念だが意外に温かかったりする
作者に聞きたいくらいです

これをパンクだと感じるstick boyさんの感性に私はパンクを感じました


> そんな僕にとって、コルトレーンといえば”BLUE TRAIN”で、初めて聴いた時、と衝撃に打ち震えた記憶が…(ヘヴィメタルは未だに疎いですが…w)
ヘヴィメタルよりヘヴィメタルだぜ!
うひゃああ〜〜
それ当ってるかも
”BLUE TRAIN”の頃はまだまだバップの匂いがぷんぷんですが
後期コルトレーンはフリーとか前衛とかと言うより、
そうだ!気持ちヘヴィメタだぜ!

2016/10/10 (Mon) 03:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment