Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

20
2016  00:31:53

あの日あの時… 恋バナ続編1









つづき
この際だから
恋バナを…


RIMG7541_20160819230817b82.jpg













335のある風景















ピック


写真はビルボード東京
本文とは関係ありませんが
ピックはこの日、知り合った青年がDavid T.Walkerからもらったもの




前記事のつづき

卒業前の夏休み後半の思いがけない出会いだった
T大の学生たちが卒業前にボーカルを入れて気楽に楽しもうと
ボーカルを捜しているけどやってみない?
違う学部の友達の友達の女子から誘いがあった
確かによくお茶碗洗う時、洗濯物を干した後のベランダで
鼻歌にしては大きい声で歌うこと度々
それでも人前で歌うなんて
そんなコトまさかでした
とても考えられないので断ったのだが
しつこく誘われてとりあえず一度行ってみてと言われて
断りきれずに行ったのが最初の出会い
クリスマスパーティを開いて演奏というのが最終目的だと言う
その中にその大学の学生バンドではけっこう有名なグループのメンバーがいて
ハンサムなその人の顔も名前も知っていた
まさか後々そういう事になるとは考えもしてなかった
4,5回程のバンド練習が終わる頃には
彼等とすっかり打ち解けて仲良くなっていた

もう冬になりかけていた
ある日、ご飯の大盛りがスゴい量の定食屋があって
それを私に見せたいと皆口々にスゴいんだよなんて話して
練習後に繁華街の路地にある定食屋さんにみんなで行った
半端じゃない量でビックリして笑った
普通の大盛りの上に更に2回、しゃもじで山のように盛るのだ
ふと気付くと年上のきれいな女子大生のお姉さんが彼の隣りに座って
親しそうに話し込んでいる
感じる
何故かイライラしてる自分がいる
何?これって、もしかして?ジェラシー?
ということは好きってこと?
横を歩いているM田さんにその気持ちをボソボソと呟くように話した
M田さんは私を誘った友人の恋人なので話し易かった
M田さんが伝えたのだろうか
ジェラシーの主の彼がサッと私に寄り添って歩き始めていた
いつからなのかその時なのか今も分からないけど
彼にも同じ感情が芽生えていた
そこから起こったエピソードがまたドラマみたい
だけどそれは今回省きます
クリスマスパーティは市内のメイン通りにあるデパートの中を借りて
結構な人数が集まり成功してバンドは解散
皆卒業へと向って行く

卒業試験とか卒論提出とか多忙で2回のデートのみで
私達の学生時代は終わるのだが
卒業前のある日の夜、
彼が小さなバイクで市内を横断して
私が住むアパートに突然現れた
彼が訪ねてくるのは2回目で
2回とも部屋に入らないでドアの所で立ち話をして
すぐまたバイクを走らせ市中を通り抜けて高台にある家に帰って行った
その日2回目の時
緊張してると分かる神妙な面持ちで
結婚して下さいとひと言だけ言って
じゃあね、オレ、忙しいんだよと帰った

彼は一旦上京して、それから関西へ
ちょうど同じ時期に私も姉の結婚式で上京するので
出来たら東京駅に見送りに来て欲しいと言われていた
母と別の姉と3人で移動中の山手線の車内で
その時間が近付いてるのを気にして乗っていた
思いきってそのことを伝えるべく言葉を言いかけたのだが
あれでは何も分からない筈だけど
一蹴するような母の心ない言葉で私は黙って諦めた
私達は離れた土地でそれぞれ青春を暮らすことになる
それから3年間、手紙で年一度プロポーズされていたのだが…





David T. Walker - You'll Never Find & Love's Theme



David T. Walker (Guitar)
Clarence McDonald (Keyboard)
Ndugu Chancler (Drums)
Byron Miller (Bass)













ポチッとしてね☆


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ







関連記事
スポンサーサイト

 恋バナ

4 Comments

晩 ヘレン  

省略したドラマが気になりますが

ショートにまとめるには長いストーリーなのでしょう

ドラマチックですね

女性らしい一面を感じました

どんなドラマもハッピーエンドとしたいものですが

「上手くゆく恋なんて恋じゃない」


チャーの曲からの引用ですが

私は上手くいくほうがいいです(笑)

2016/08/20 (Sat) 14:04 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

晩 ヘレンさん
そう思います〜
ウマく行くハッピーエンドがいいです〜

> 女性らしい一面を感じました
?どの部分でしょ?
ジェラシーのことでしょか?
書いていて自分でもなんか引っかかりました

> 省略したドラマが気になりますが
> ショートにまとめるには長いストーリーなのでしょう
それを入れたら長くなり過ぎるので
また書けたら書きますね


2016/08/21 (Sun) 00:57 | EDIT | REPLY |   

ケロ  

良い感じですね。
生きてると、色んなドラマが待ってます。
その時はどうだったか、それもありますけど、後になって思い出してどう思うか。
それも、また人生ですから。 ← 分かったようなわからんような(-"-)
でも、様々な経験をしてる人の方が優しくなれる。
そんな気がします。

2016/08/22 (Mon) 21:00 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

ケロさん
ケロさん
ホントに色んなことがありますね。
まさか今のようになってるとは思いもしませんでした
あの時が分水嶺のようなことも幾つか…
これが人生なんでしょうね

> でも、様々な経験をしてる人の方が優しくなれる。
> そんな気がします。
そうでありたいし、そのような感じあります
ケロさんの言葉
傷口に染みいります
ありがとう〜

2016/08/23 (Tue) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment