Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

21
2015  14:38:46

‪古い話…奇跡の再会♪Pat Martino‬のギターを









ふと思う
どれだけ転居をしたのか
都内を点々と暮らしたことかと


RIMG6053.jpg



思えば西武線江古田からスタートだった
姉の部屋に転がり込んだのだ
狭い部屋に姉との生活はキツかったが
それなりに楽しめた
ボーナスをあてにしてステレオを買ったら6月のボーナスはまだ非組合員なので出ないと知った。
会社が使ってたので外商を利用することもあった高島屋でボーナス払い。
肝心のボーナスが出ないとなって焦るのだが、焦ってもお金が生まれる方法が無い
それで近所の喫茶店の貼り紙を見て、ここでやるしかないなと思いきってドアを開けて入った。
会社にバレたら大変なことになるけど、それ以外に考えられなかった。
そこで町のお店の若旦那とかご隠居さん的雰囲気を醸し出すPTA会長とか後に義兄になる新聞記者とか
ジャズが好きなサラリーマンとか、演劇学校に通う演劇青年とか歯医者の卵とか工場で働く若者グループとか
常連の人たちとの交流が生活を一変させて豊かにさせた
経営者夫婦も良い人だったし、ママには信頼されてた。
地方出身者にとって何かあったら飛び込める場所があるって心強い。


朝6時前に起きてお弁当を作りラジオの英会話を聞きながら身支度をして朝食を用意する
姉は寝たままだ。ひとつの部屋で全部こなすのである
TVをつけてトーストと紅茶をいただいたら姉を起こしてアパートを出る
姉も私も同じ日本橋、彼女は銀座線、私は丸ノ内線、
彼女は間に合うのだろうかと少し呆れ気味に心配しながら駅へ向う。


RIMG6054.jpg




池袋に出たら群衆にまみれて地下鉄に向う流れに沿って逆らわずひたすら改札へと
2台やり過ごす列に並んで電車が来たら乗り込んで座るのだが、ウマく座れない時もある
少し落ち着いたらさっき聞いたラジオの英会話のテキストに目を通して一通り復習する
それが終わったら目をつむって眠れたら眠る



夜の山手線




東京駅の地下鉄から目指す出口までは遠い。先を急ぐ朝の出勤時は結構キツい移動距離だったが
駅からはさ程遠くない所にオフィスのビルがあった。
気分屋の上司の今日のご機嫌は如何かとご機嫌伺いが先ず最初の仕事
機嫌が悪そうな日は上司の好きな11時には売り切れると言う長門の羊姜を買いに行くことも… 
*訂正長井ではなく長門でした
ランチは同期といつも一緒だった。たまに高島屋屋上でお弁当を食べたり、たまにレストランのランチにすることもあった
夕方5時半労働は終了。大した仕事など無い不思議な秘書だった
今思えばあの部署は天下りの部屋という感がしない訳でもない

そして帰りの地下鉄に乗ったら、テキストを見ないで英会話の復習


PB230013_20151121120310b00.jpg


最寄りの駅に着いたら通称市場と言う商店街で夕飯とお弁当の食材を買って部屋へ帰宅
夕飯は私が作る。姉は一切作ることは無かった。
彼女は残業が多いし、元々料理は出来ない人
やったら大変なことになる。
それ以前田舎で暮らしていた頃珍しく料理しようと思ったらしく芙蓉蟹・かに玉を作ると張り切った日があった。
母が上京していて留守だった
料理本を見ながら分量を量ったりしていた。
私なら目分量で作るのでよくやるなあと感心していたのだが
なんと夕飯が出てきたのは5時間後だった
そんな姉にやってもらおうとも思わなかったし、料理が全く苦ではないので自分の役目として当然だった。
その代わり家賃の大半は姉が払った。
ま、その内、7才差の姉は田舎の方に帰り一人になったのである意味楽にはなったが…




RIMG6317.jpg


何年目の冬だったろう
お正月休みを田舎で過ごしている間に駅に帰りの切符を買いに行くと若い男子のグループ5〜6人がいた
その中に東京に引越してる筈の中学時代に好きだった1学年下の子がいた。
好きと言っても片思いだったのだが、彼は私の気持ちは知っていたと思う。
2年後半に同じクラブに入部して来た時は驚きのドキドキだったが、
彼は比較的近い高校に進み、スポーツの部活の交流試合で私の高校に来た時に活躍する彼を見たのが最後だった。
駅を出て歩き始めると彼から話しかけて来た。
「今どこにいるの?」
「東京にいるのよ」
「そうなの?どこ?」嬉しそうな顔をしてる。
スムースに話せて、成長するっていい事だなと思う。
「東京で会おうよ」ということになる。
エラいこっちゃ! スゴいことだ。うひゃうひゃだ。さっさと東京に帰りたい
片思いを知っている友人たちが聞いたら腰を抜かすかも… 
と言うことでデートとなった。
池袋辺りで飲んだのかもしれない。
誰と行ったのか思い出せないが確かロサ会館のイタリアンに行った事があるなあと思い出す時がある。

締めくくりはは江古田の駅前の喫茶店で窓際の席に座り珈琲を飲んでいた
広い店内は空いていて、近くの席に4人の男子グループの客がいるくらいだった。
その集団から何か聴き覚えのある単語が聴こえて来た
ウン?○○ 高校の町の名  次は高校名  私の町の名前が 何何何?いやだああ とうとう私の名前…
ああああああああああ
高校時代の好きだった人ではないか!
やだあああああああああ
しかも目の前の子と同じ部活で試合しているのだ
彼がやって来た
「○○でしょ。何?なんでここにいるの?」
相変わらず爽やかに明朗である。
「江古田に住んでいるの」
「へ〜そうだったんだ。で、彼は○○君だよね」
2人が二言三言会話して
「じゃあ今度会おうよ」と言う彼に、そういうことで住所を教えた。
こんな奇跡あるんです。
不思議 それも中高と一緒に揃って目の前にいるって! 信じられない
一度大学の同級生を連れだってやってきた、
こちらも同級生を誘っていたから4人でデートだ。
もしかしてどこかで待ち合わせて会ってから家に来たのかもしれない
一晩中朝になるまでギターを弾き歌を歌って過ごした

それからというもの高校時代の彼とは東京駅ホームだったり池袋のホームだったり
電車から降りるといる。そんなバッタリという再会を再三繰返すのも不思議で縁を感じた。
こんな奇跡の連続…
一度今度は僕の住む中野の行きつけの店に行こうと言われて一緒に飲んだ。





RIMG8514_20151121175815b2b.jpg

いい雰囲気だった
もしかして彼は私を?

なのに私がアパートを引き払い、表参道へ引越してから音信不通になった
彼は俳優の仕事を時々あると言うフリーだったし
私も会社を辞めてフリーだった
住所も知らないし、電話は持ってない
今のように携帯があったらなあ…


奇跡はそこまで

広い東京の町の空



彼はどこにどうしているんだろ…
この広い東京のどこかにいる
会いたい人の一人だ
もう会えないのかなあ






ご機嫌なギター
パット・マルティーノを

IMG_2308.jpg

Just Friends - Pat Martino ‬



4:46~
Pat Martino (g)  Danny Turner (fl)  Trudy Pitts (org)
Mitch Fine (ds) Abdu Johnson (conga ) Vance Anderson (bongos)




images_20151121143016f3c.jpg


A Blues For Mickey O‬ - ‪Pat Martino‬




released on Prestige

groove !

オルガンもいい~ ギターもオルガンもツボです スイング~ 自然に身体が揺れる 
こうじゃないとね ジャズは…
















こちらyahooブログです。よろしければご覧下さい

http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html


日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

 Jazz guitar

7 Comments

CHIBI  

文章と同じく、ぐぐっとインパクトのある写真が続いて期待が高まる中、
いきなり肩すかしを食らったようなに東京の空の写真が広がったね。
でも、何か当時の若者の心と日本社会を思い出させてくれて引き込まれたね。
小説を書く才能があるかもね。

2015/11/21 (Sat) 17:27 | EDIT | REPLY |   

葉月  

頭の中にふっと浮かんだ人って、会いたい会いたくないに関わらず、偶然会うことがよくあります。私の場合。もしかしたら、そろそろ奇跡が起きる頃なのでは・・・?

2015/11/21 (Sat) 21:28 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

CHIBI さん
> 文章と同じく、ぐぐっとインパクトのある写真が続いて期待が高まる中、
> いきなり肩すかしを食らったようなに東京の空の写真が広がったね。
そうかも。
あ、写真2枚同じだと気がついて差し替えて、更に1枚追加しました。
お話も肩すかしかもね。
もしこんな訳があって引越したいなんて伝えてたら
一緒に住もうと言われてたかもしれない
携帯があったら、沢山の人がすれ違わないで済んでたわね…
> でも、何か当時の若者の心と日本社会を思い出させてくれて引き込まれたね。
> 小説を書く才能があるかもね。
ウワ〜 最高の賛辞!嬉しい〜〜♪

2015/11/21 (Sat) 22:42 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

菜月さん
コメントをありがとうございます〜。
> 頭の中にふっと浮かんだ人って、会いたい会いたくないに関わらず、偶然会うことがよくあります。私の場合。
エエエ?そうなの?それならいいんだけど〜〜 
あ、でも会いたくない人には会いたくないわね(笑)
もしかしたら、そろそろ奇跡が起きる頃なのでは・・・?
ならいいんだけど、昔は毎日出かけてるので機会は多いわよね。
今は…
奇跡など起こりそうにないわね。
めぐり逢えたら… 新しい出会いに期待しようかな。

2015/11/21 (Sat) 23:31 | EDIT | REPLY |   

ブリック  

奇跡の再会早く実現すると良いですね!!
それとも違った形での出会いが待っているかも
知れませんねo(^▽^)o

2015/11/22 (Sun) 15:23 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

ブリックさん
アハハ… 遅過ぎますね。
もう期待してません〜(笑)

ブログ上での出会いも奇跡ですね!
そう言う意味では毎日が奇跡かも☆

2015/11/22 (Sun) 18:23 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015/11/22 (Sun) 21:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment