Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

09
2015  16:25:54

息をひそめて…♪終わりなき旅 - Mr.Children







息をからしてさ
駆け抜けた道を…





山手線エスカレーター


明日が見えない今日を
どうやってやり過ごせばいいんだろ



息をひそめて
ベッドに丸まって
夜から朝に代わるときを
心の淵を見ないようにして
膝を抱えて
じっとして




P5260035.jpg






明日の見えない一日だから
時々振り返るんだ
希望に向って歩いた日を






夕焼けと黒い雲





確かに
夢は叶うんだ






だけど
叶ったことでさえ
消え去ることだってあるんだ



エスカレーターから駅ホーム



多くを望んだ訳ではない
出来ることを出来ること以上に
やってみる
ちょっと頑張っただけ

持ち合わせてる以上の愛で
相手に合わせて
眠る間を削ってね



後悔はしてない


学んだことは
計り知れなく





自分と出会う旅




ホーム 黄色いライン



駆け抜けた日々


夢が叶って失ったら
笑うしかない
それすら笑っちゃう

なにもかも
儚いことだって
今は受け止めている
そうして
明日の見えない今日を
やり過ごす



そしてまた
終わらない旅はつづく


知らなかった自分と
出会う旅




終わりなき旅 - Mr.Children  STADIUM TOUR 2011 SENSE - in the field‬ 


ミスチル終わりなき旅





ミスチルの初期の曲
鮮烈だった
衝撃だった
それまでとは全く違う
深い歌詞
心理学的な要素も含んでいて
彼等は日本の若者を救うかもしれない
そう思った
生き方は考え方
自分を肯定することは最も大切なこと
彼等の歌う苦悩は若者の苦悩
代弁してくれて共感してくれる存在
明言しないが不条理な社会が見え隠れする

音楽的にも16ビートのアフターをちゃんととってる
日本人のメジャーなグループで初めてじゃないかな
しっかり16を感じてアフタービートで歌えるシンガーって
その頃はいなかったんじゃないかな
そう言う意味画期的だった


  







 












日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

こちらyahooブログです。よろしければご覧下さい

http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html











関連記事
スポンサーサイト

 Mr.Children

3 Comments

carmenc  

Re: タイトルなし

鍵コメさん
ミスチルお好きでしたか。
いいですよね。
ココではよくミスチルをアップしてるので
よかったら聞いて下さい。

2015/10/10 (Sat) 08:58 | EDIT | REPLY |   

CHIBI  

写真の構成が良いよね。心の中の声があるから作れるんだね。
螺旋階段を登るようなものかニャ〜。なんども”しまった”を繰
り返して、また同じような道を通ってね。あ〜あと嘆いたりして。
それでも飽きずに登って、時々未知のの視界が広がったりして。
幾つになっても達観出来ない、、それが生きるってこと?かもね。
夜明け日没を繰り返し、山手線をぐるぐる回り、エスカレーター
を登ったり降りたり、横断しなきゃいけない道や未知を何度も選
択しなくちゃいけない、、終わりはないんだね。永遠に。

2015/10/10 (Sat) 11:27 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: タイトルなし

CHIBIさん
> 写真の構成が良いよね。
ありがとうございます。とても嬉しいです〜

あちらに着いたんですね!
羨ましい。
ワープしたい感じ♪

>なんども”しまった”を繰 り返して、また同じような道を通ってね。あ〜あと嘆いたりして。
大きな”しまった”が何度かあったかも…。
どちらかと言えば人生全般が振り回されたというものでしょうね〜。

> 山手線をぐるぐる回り、エスカレーターを登ったり降りたり、
これはもう無いかなと思います。
> 未知を何度も選択しなくちゃいけない、、
目下、未知のゾーンにいるような気がします。
>終わりはないんだね。永遠に。
そうですね。
ある意味終わりが無いのでしょうね。
命が終わりの日まで。

2015/10/10 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment