Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら

28
2015  11:50:57

オキザリス… 笑えない話♪Unwritten‬ - Natasha Bedingfield








オキザリス


P9150688.jpg








P9150692.jpg


オキザリス
緑の葉のも紫の葉も花の色も色々あるそうですが


P9150687.jpg



オキザリス
って置き去りっす
みたいな…

置き去り何度かされてるから思い出しちゃう

もう乗り越えてることだけど
書いちゃうか

バスも電車も無い郊外の離れた大型店に行くと
何度か置き去りにされたのよね
2度目の置き去りはそのお店が2回目くらいのとき
川向こうの山の上にあるような高台のよく知らない町だった。
買物途中でいなくなった元夫を捜して屋上の駐車場に着くと
向こうに見えているウチの車がブ〜ンって
去って行くの。
何が起きたのか訳分からず…
茫然自失
お財布も持ってなくって、不思議なんだけど偶然ポケットに
ちょうど10円球が一個あったから良かった
携帯の無い時代
ご近所の方に電話して20分くらいしたら入り口に持って来てくれない?って頼んで
タクシーで帰って事無きを得たけど
悲しかった
何故?何故?って
解けない謎なぞみたいで

それからウン十年経って
新しいマイホームに転居して知り合いもなく
やっと連れてってくれた大型家具店でプラスティックの衣装ケースを数個買って
それを車に乗せに先に出た元夫の後を少し遅れて出たら
目の前の駐車場から勢い良く出口からウチの車が出て行った
私が勧めた私の好きな車種の車
ちっとも乗せてもらえなくなってた
違う人はかなり乗ってるみたいだけど
結構年齢重ねてた頃で、この年になってもこんなことされるのかと
涙が溢れて止まらなかった
店の入り口で子供みたいに泣けて来て止まらない
入って来る客には見られるしで恥ずかしいけど
号泣した
タクシーを呼んでもらってタクシーに乗ると
どうしたの?て聞かれて…
タクシーの運転手さんがやさしく思えた

デパートでも、そうなんだ、いなくなる
呼び出しはしょっちゅうで
そんな経験させるのが子供に申し訳なくて
そしたら外から戻って来た
ラーメン食べて来たって
しかも私の大好きな私が教えたお店
午後1時頃出発してデパートに向う車中で
お腹空いたね、どこかで食べるか何か買って車でたべようかと言うと
我慢出来ないのかってなじるように結構な嫌みがつづいて人格否定される…
いつものパターンに
普通に朝に起きている娘と私は朝食は食べてるけど
元夫が起きた時間に合わせて出発なので
そろそろお腹が空き始める頃なのにね
私の事じゃなく娘のお腹のことが一番なんだけど

スゴくいい人らしいよ
外の評判
何かに書いてあった


そう言えば一人になって
お腹が空いていても平気って
自慢げになってたかもしれない

オキザリス
透明感があって
カワイイお花だなって撮ったのに
こんなこと思い出すんだもの
イヤね。

オキザリス

オキザリスも迷惑なこっちゃ
って言ってる?

P9150693.jpg





こんないい曲載せるのに
あ〜
お馬鹿だな

MTVの大好きだった番組
The Hillsのテーマソング

The HillsはLAの高校を卒業した若者たちの日常にカメラが密着した
リアリティ番組
等身大の女の子たちが娘に重なって
同じような年頃の娘の親として学べる所も多く
それに見ているだけで青春し直しているみたいで


The-Hills-lauren-conrad-1385034-1280-1024.jpg
Whitney  Audrina   Lauren  Heidi


img6da8a1d7zik1zj.jpg
ローレンとウィットニーが好きでしたね


The Hills Season 4 Episode 2 Drama Follows Them‬






LAの言葉がいいのよね
早口だけど変な訛りが無いし
聞き易い
あ、と言っても知ってる言葉しか耳に入らないって気付いた
語彙力の無さ痛感
故に殆ど分からない(゚∀。)





Unwritten‬ - Natasha Bedingfield

natasha_bedingfield_epic_records_2005.jpg



The Hillsのテーマソング





私の人生はまだ白紙のまま。わたしの心は読めないし、何も決まってない。
まだ、すべてはこれから始まるの。
ペンは頭の中で、エンディングなんてまだ決まってない。

ほこりをかぶった窓を開ける前に、白紙のページを見つめて、
太陽にまだ見つけられていない言葉を光で照らしてもらうの。

遠くにあるものに手を伸ばして。
味がわかっちゃうくらい、近くにね。
本当のあなたを押さえつけているものを手放すの。

雨が降ったって、自分の肌でちゃんと受け止めて感じるの。
だって、他の誰でも変わってあげられない。
あなただけが受け止めることができるの。

あなたの口がつむぎだす言葉は、他の誰からでもなく、自分で言うから意味が生まれるの。
あなた自身を、まだ語られていない言葉でいっぱいにして、
両手を広げて、胸を張って生きるの。
今日はあなたの物語が始まる日。
その先は、まだ誰にもわからない。

伝統なんて壊しちゃうわ。たまに、することがうまくいかないこともある。
わたし達は、「間違っちゃいけない」っていわれる世の中にいるけど、
私は、そんな風には生きれない。


ほこりをかぶった窓を開ける前に、白紙のページを見つめて、
太陽にまだ見つけられていない言葉を光で照らしてもらうの。

遠くにあるものに手を伸ばして。
味わえちゃうくらいに、近くにね。
本当のあなたを押さえつけているものを手放すの。


雨が降ったって、自分の肌でちゃんと感じなきゃ。
だって、他の誰でも変わってあげられないから。
あなただけが受け止めることができるの。


あなたの口がつむぎだす言葉は、他の誰からでもなく、自分で言うから意味が生まれるの。
あなた自身を、まだ語られていない言葉でいっぱいにして、
両手を広げて、胸を張って生きるの。
今日はあなたの物語が始まる日。
その先は、まだ誰にもわからない。





















日本ブログ村に参加してます。
ポチッとしていただけたら
励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

こちらyahooブログです。よろしければご覧下さい

http://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/MYBLOG/yblog.html







関連記事
スポンサーサイト

 洋楽

2 Comments

☆バーソ☆  

紫の花。

濃い紫のバイオレット。
薄い紫のヘリオトロープ。
しっとりときれいな色ですね。好きな色です。
濃いのはセーターとポロシャツを、
薄いのはマフラーとポロシャツを持っています。

オキザリ ス。
うーむ、悲しい話。

オリザ スキ。
オリザとは、宮沢賢治の童話『グスコーブドリの伝記』
に出てくる〝稲(穀物)〟の名前。

《あらすじ》
 木こりの子どもグスコーブドリは、妹のネリと父と母の4人で幸せな生活を送っていた。ある年、冷害が襲い、飢餓にみまわれ、父と母は幼い2人を残して家を出ていってしまい、妹のネリも人さらいに連れ去られてしまった。

 残されたブドリは一人で生きていかなければならない。
 ブドリは森のテグス工場で働き始めるが、テグス飼いの男に苛酷な労働を強いられる。そんなある日、大きな地震が起こる。火山が火を噴き、灰が降り積もり、テグス工場はつぶれてしまう。

 仕方なく森を出たブドリは、「沼ばたけ」の赤鬚の百姓のところで仕事をさせてもらう。毎年毎年、ブドリはオリザの苗を育て続ける。
ところがある年、オリザが病気にかかって全滅した。ブドリは火山の専門家クーボー博士の書いた本で勉強し、オリザの病気の駆除に成功する。
 しかしまた冷害と干ばつが続き、ブドリは「沼ばたけ」をあとにしなければならなかった。

 ブドリはクーボー博士を訪ねてイーハートーブの町に向かう。そして博士の紹介で火山局で仕事をすることになる。火山活動の調査や観測をし、火山を科学的に利用して農業に役立てる仕事。それがブドリの生き甲斐となったのだ。

 以上、検索で調べたストーリーです。読んだことはありません。

2015/09/28 (Mon) 13:43 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

Re: 紫の花。

☆バーソ☆さん
色にお詳しいですね!
私も好きな色です。
タンスの中には主流の黒とグレーに混じって
紫系とイエローグリーンが殆どです。

> オキザリ ス。
> うーむ、悲しい話。
これはまだ良い方です。

> オリザ スキ。
アハハ
平田オリザが好きなのかと
オリザさんも賢治からとったのかもしれませんね。

> オリザとは、宮沢賢治の童話『グスコーブドリの伝記』
> に出てくる〝稲(穀物)〟の名前。
> オオ!です。
賢治の作品の中でもこれは私がショックと言うか
賢治を一層好きになった作品です。
子供が小さい頃に
子供たちに良い映画を見せる会をお手伝いをしていた時
これを試写で見てイチオシして上映した作品です。
最近の同名のアニメのものより、そのときのが良かったと思います。
これは冷害と干ばつで飢饉になる岩手の農民の苦しみを知った賢治が
科学的に農業を変えて行こうと農民教育も含んでの賢治の生き方が象徴的に描かれてますよね
火山のラストはショックですが
彼の並々ならぬ決意を感じて感動の衝撃を受けました。
思いがけずに、ここでその作品が出て来て驚きました。

2015/09/28 (Mon) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment